選挙管理委員会
選挙管理委員会

選挙権年齢が18歳以上に引き下げられます

日本は少子高齢化、人口減少社会を迎えています。この状況において、日本の未来を作り担う存在である10代にもより政治に参画してもらいたいと考え、より早く選挙権を持つことにより、社会の担い手であるという意識を若いうちから持っていただき、主体的に政治に関わる若者が増えて欲しいと考えられ選挙権年齢が引き下げられます。
若者の投票率が低くなると、若者の声は政治に届きにくくなってしまいます。その結果、若者に向けた政策が実現しにくくなったり、実現するのに時間が要する可能性があります。ぜひ、若者の声を選挙で反映させましょう!

 

総務省_145_145 詳しくは左記をクリックしてください(総務省で特設HPが開設されています)