町長挨拶
町長挨拶


 

台風10号による大雨被害に際して・・被災された皆様、ご支援いただいた皆様へ

 

このたびの台風被害に際しまして、被害に遭われました皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

 8月上旬から断続的な雨が続き、8月22日の台風11号、そして8月30日の台風10号に伴う大雨で、記録的な集中豪雨となり、空知川の河川増水による堤防決壊や道路の冠水、家屋の浸水や農地流出、私にも記憶にない、経験したことがない自然災害となりました。

 このような状況で、人命を守れたことは、陸上自衛隊・北海道警察・富良野広域連合富良野消防署・南富良野消防団など関係機関の迅速な救助支援をいただいた賜と深く感謝申し上げます。

 災害直後は、被災した町の姿に目を疑い、被害の大きさに愕然とした記憶が今も鮮明に残っています。

 家屋・公共インフラをはじめ、農業・観光・商業にも甚大な被害を受けました。しかし、懸命に元の生活を取り戻そうしている住民皆様の姿、そして、被災直後から多くの皆様からの励ましのお言葉、支援物資のご提供、義援金のご協力、また、延べ4500人を超えるボランティアの皆様のご支援、本当に復興への「力」と「希望」をいただきました。改めて心から感謝とお礼を申し上げます。

 9月16日に激甚災害・局地激甚災害指定をいただき、被災された皆様が早く普段の生活が取り戻せるようスピード感をもって復旧・復興に向けて取り組んでいく所存であり、この困難なときこそ、住民皆様と手を取り合い、互いに力を合わせて「南富良野」を取り戻し、さらに飛躍させていきたいと考えています。

 最後になりますが、まだまだ、多くの問題が山積されており、復興には時間を要します。引き続き、住民皆様、関係機関の方々の温かいご支援・ご協力お願い申し上げます。

 

北海道南富良野町長 池 部   彰